内田工業株式会社

混合調整施設

様々な性質を持った廃棄物を混ぜ合わせることにより
新たな資源として生まれ変わらせます。

内田工業では、混合調整施設の導入により、廃棄物を燃料や原料としての再資源化を可能にし、CO2の削減や埋立処分量のゼロ化を推進しています。
進化する文明の一方で、産業の静脈へ排出され続ける多種多様な産業廃棄物。
弊社は、産業廃棄物を燃料化・原料化するために、あらゆる性状(液状、泥状、固体状)に対応できるように、その性状に合わせた11基の施設を設置し、産業廃棄物のリサイクルを進めていきます。

フローチャート